前橋市周辺の一戸建て|前橋みなみ不動産 > 前橋みなみ不動産株式会社のスタッフブログ一覧 > 不動産を購入するときの共有名義とは?メリットとデメリットを解説

不動産を購入するときの共有名義とは?メリットとデメリットを解説

≪ 前へ|伊勢崎市波志江町の★超築浅物件★販売中!   記事一覧   不動産売却に関する現状渡しとは?メリットとデメリットをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

不動産を購入するときの共有名義とは?メリットとデメリットを解説

不動産購入における「共同名義」をご存じでしょうか。
単独名義で不動産を購入できない場合に利用できる方法で、メリットもいくつか生じます。
そこで今回は、共有名義とは何か、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

不動産購入における共有名義とは

共有名義とは、複数の人が不動産の所有権を分け合っている状態のことで、共同で出資して不動産を購入します。
単独名義とは異なり、共同名義の登記の際は、出資した割合に応じた持ち分でおこないます。
たとえば、夫1,500万円、妻1,500万円のお金を出し合い、3,000万円の不動産を夫婦で購入したと想定しましょう。
そうなると、共同名義の登記の際の、それぞれの持ち分は2分の1となります。
共同名義を利用するなかでも、単独で不動産を購入するのが難しいケースがよく見られます。

共有名義で不動産を購入するメリット

本章では、共有名義で不動産を購入するメリットについてご紹介いたします。
まず、メリット1つ目は、それぞれが住宅ローン控除を受けられる点です。
住宅ローン控除とは、住宅ローンの利息の一部を所得税や住民税から控除できる制度で、単独名義と比較すると減税額が多いです。
次に、相続税を節税できる点もメリットとして挙げられます。
たとえば、将来、単独名義である夫が亡くなり、相続が発生した場合、その不動産の評価額はそのまま課税対象となります。
しかし、共有名義の場合は、夫の持ち分に応じた部分のみが課税対象となるため、単独名義より相続税を節税できるのです。

共有名義で不動産を購入するデメリット

共有名義で不動産を購入すると、一見メリットが多いように見えますが、実はデメリットも少なくありません。
たとえば、共有名義人の1人が他界した場合、相続が発生し、はじめは2人だった共有名義人が増える可能性があります。
また、共有名義人の1人が不動産の売却を検討したとしても、もう片方の共同名義人の同意が必要になります。
さらに、住宅ローンの諸費用が2人分必要になる点もデメリットの1つです。
これらのデメリットを考慮して、共有名義で不動産を購入するかどうか慎重に判断しましょう。

まとめ

共有名義とは、複数の人が所有権を持つことで、出資した割合に応じた持ち分で登記をおこないます。
メリットは、それぞれが住宅ローン控除を受けられる点や相続税を節税できる点です。
一方、デメリットは、不動産売却時に共同名義人全員の同意が必要になることや住宅ローンの諸費用が2人分必要になる点です。
前橋市の不動産売買なら前橋みなみ不動産がサポートいたします。
弊社は、群馬県内の購入・売却に強く、豊富な経験と柔軟な対応に努めています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|伊勢崎市波志江町の★超築浅物件★販売中!   記事一覧   不動産売却に関する現状渡しとは?メリットとデメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


【築1年×オール電化】伊勢崎市波志江町【中古築浅】

【築1年×オール電化】伊勢崎市波志江町【中古築浅】の画像

価格
2,290万円
種別
中古一戸建
住所
群馬県伊勢崎市波志江町1915-18
交通
伊勢崎駅
徒歩30分

前橋市古市町1丁目C号棟 ラスト1棟(全4区画) 新築建売分譲

前橋市古市町1丁目C号棟 ラスト1棟(全4区画) 新築建売分譲の画像

価格
4,080万円
種別
新築一戸建
住所
群馬県前橋市古市町1丁目38-12 付近
交通
新前橋駅
徒歩6分

前橋市江木町 限定1棟 リナージュ新築建売分譲

前橋市江木町 限定1棟 リナージュ新築建売分譲の画像

価格
2,180万円
種別
新築一戸建
住所
群馬県前橋市江木町1033-40
交通
江木駅
徒歩19分

トップへ戻る